不動産「売買・賃貸・管理」のご相談、不動産売却査定は無料です

福岡の不動産「売買・賃貸・管理」のご相談、買取、売却・賃貸査定は無料です。秘密厳守します。

福岡市南区野間の不動産会社センチュリー21タカラホーム

福岡市南区のセンチュリー21タカラホーム|不動産情報サイト

  • 0120-561-835
  • 平日9:00~18:00/日・祝10:00~17:00/定休日年末年始・盆・GW
TOP
>
>
>
不動産探しは物件情報量の多い会社がいいの?

不動産探しは物件情報量の多い会社がいいの?

不動産の物件情報量で不動産会社に大きな差はありません!住宅購入はよい担当者選びが大切です。

福岡市の不動産会社センチュリー21タカラホームのスタッフブログ

 

 

不動産会社によって保有している物件情報量が違うと思われ、物件情報を求めて何社も不動産会社を回る方が意外と多くいらっしゃいます。

今回は、不動産業界における物件情報の共有システムと、住宅購入・売却にあたってまず考えなければならない担当者選びについてご説明いたします。

 

不動産業者向けシステム「レインズ」をご存知でしょうか?
レインズとは、Real Estate Information Network Systemの略で、1990年に不動産情報の標準化・共有化を目的に、不動産流通機構の近代化方策として建設省(現国土交通省)が企画し、作られたネットワークシステムの事です。

媒介(売却依頼)を受けた事業者はレインズへ物件情報を登録することが義務となっており、物件情報はネットワークを通じて広く一般の不動産業者に公開されます。


一部の不動産業者さんが「囲い込み」(自社以外に情報を開示しない)といわれる問題があります。

不動産業者が意図的に消費者への情報を遮断し、自社に有利な取引に誘導する問題です。

この「囲い込み」対策として、平成28年1月4日から売主がレインズにアクセスして、現在の販売状況を確認できる機能(ステータス管理)が追加されました。これにより、不動産業者の対応も大きく変わることが期待されます。

 

また、福岡県の不動産会社 約5200社が加盟している福岡県宅地建物取引業協会(ハトのマーク)が運営している「ふれんず」があり、売主よりご依頼頂いた不動産会社が、不動産情報を直接、一般公開しておりますので、福岡の不動産をお探しの場合は、おススメのサイトです。

 

物件を探すのに何社も不動産会社を回る必要はありません
より多くの物件情報を得ようとして、いろんな不動産会社を訪問されている購入希望者がいます。

しかし、ほとんどの物件情報はレインズ上で共有されていますので、どの不動産事業者も持っている物件情報の量はそれほど変わらず、また物件の購入は、原則としてどの事業者を通じてでも取引を行うことが可能です。


問題なのは、物件情報だけに気を取られて、「どの担当者に取引を任せるか?」という事をあまり考慮していない方が多いように感じます。

同じ物件を購入するにしても、取引を任せる担当者によって提供される「サービス」に大きな違いがあります。

 

お取引の流れ、諸経費・税金、金融機関、法令慣習、地域情報等、物件以外の情報も提供頂ける信頼できる担当者を選ばれてください。

大手不動産会社だから安心と言うわけでもありません。

 

大きなお買い物ですので、少し手間はかかりますが、数社訪問され、ご自身の信頼できる担当者をお探しください。

数社訪問される中にセンチュリー21タカラホームをお選びいただけば幸いです。

 

 

 

福岡市南区の不動産会社センチュリー21タカラホーム