不動産「売買・賃貸・管理」のご相談、不動産売却査定は無料です

福岡の不動産「売買・賃貸・管理」のご相談、買取、売却・賃貸査定は無料です。秘密厳守します。

福岡市南区野間の不動産会社センチュリー21タカラホーム

福岡市南区のセンチュリー21タカラホーム|不動産情報サイト

  • 0120-561-835
  • 平日9:00~18:00/日・祝10:00~17:00/定休日年末年始・盆・GW

住宅の工法

福岡市の不動産会社センチュリー21タカラホーム スタッフブログ

住宅の工法はどんなのがあるかご存知ですか?

 

 

建物の工法には、それぞれに特徴がありますので、それを考慮して購入することをお勧めします。

住宅の工法には、日本古来からの伝説的な工法である在来工法をはじめ、2×4工法、鉄骨造(S造)、鉄筋コンクリート造(RC造)など、さまざまな工法があります。


鉄骨造や鉄筋コンクリート造は、主にマンションで多く用いられる工法です。

設計の自由度があり、耐久性・耐震性なども高いが、その分コストも高く、工期も長くなってしまうため、戸建住宅の場合は木造が主流となってます。

 

木造の場合、大きく分けると、軸組工法と壁式工法の2っがあります。

軸組工法は、柱や梁などの軸組で建物を支える工法です。日本古来の伝統的な工法である在来工法は、代表的な軸組工法の一つです。

日本の気候にあっており、間取りや開口部など、設計の自由度が高く増改築しやすいが、他の工法に比べると、耐震性が低くなる場合もあります。

また、職人の腕によるばらつきもあります。


一方、壁式工法とは、壁や床などの面材で建物を支える工法です。

2×4工法(枠組壁工法)や木質パネル工法(木質プレハブ)がこれに該当します。

 

壁式工法は、気密性・断熱性・防音性・耐震性などは高いが、構造体である壁を取り除いたり、自由に穴をあけることはできません。

そのため、設計の自由度は低くなります。

 

このようにいずれの工法も、それぞれの利点、欠点があるため、地域性や建物の規模、敷地条件などを考慮して、適切に選択するべきです。

また、住宅の断熱方法には、内断熱と外断熱がありますが、多くの住宅では内断熱となっています。


内断熱は、躯体の内側に断熱材をはる方法です。

木造軸組の場合には、根太や間柱などの下地材の間に断熱材をはめ込むことになります。

内断熱は、外断熱よりも施工が簡単ですが、床下や小屋裏は外気温の影響を受けやすいです。

 

これに対して、外断熱とは、外壁や屋根の外側に断熱材をはる方法です。

外断熱にすると、結露が発生しにくく、省エネや耐久性が高くなります。

 

しかし、内断熱に比べて費用が高く、また、気密性が非常に高いため、換気にも注意が必要となります。

購入前には工法も確認すると良いかと思います。

 

 

売買・賃貸・管理のことなら、福岡市南区の不動産会社センチュリー21タカラホームへお任せください。