不動産「売買・賃貸・管理」のご相談、不動産売却査定は無料です

福岡の不動産「売買・賃貸・管理」のご相談、買取、売却・賃貸査定は無料です。秘密厳守します。

福岡市南区野間の不動産会社センチュリー21タカラホーム

福岡市南区のセンチュリー21タカラホーム|不動産情報サイト

  • 0120-561-835
  • 平日9:00~18:00/日・祝10:00~17:00/定休日年末年始・盆・GW

道路の不思議

福岡市の不動産会社センチュリー21タカラホーム スタッフブログ

道路の不思議 地面に埋まったボタンのようなもの

 

 

たまに道路の真ん中にボタン(ネジ?)のようなものが埋まっているのを見かけたことはありませんか?

普段はあまり気にしないかもしれませんが、ふとした際に道路の真ん中で見かけたり、たまに駅のホームなどでも見かけたりすることもあります。

今回は、そんな謎のボタンについてご紹介します。

 

こちらのボタンは、測量した際のポイントを示した「測量鋲」と呼ばれるものになります。

周りの銀や赤い部分は、「キャップ」や「かさ」と呼ばれる部品で、測量鋲が目立つようにする物です。

測量鋲は、土地と道路の境界標としても使われることもあります。

 

また道路の中心を示していることもあります。

用途は様々ですので、何のポイントかは一概には言えません。

 

同じように、コンクリート杭やプラスチック杭などの、土地の境界を示した境界票も見かけますね。

こういった土地の境界を示す境界標は、勝手に埋めたり、撤去したりしてはいけません。

 

それぞれ、勝手に埋める行為は「不動産侵奪罪」、勝手に撤去する行為は「境界損壊罪」として、刑法犯に該当してしまうケースもあります。

最悪、懲役となってしまいますので、不用意にいじったりしないようにしましょう。

 

ただ、これらの境界票は、土地を購入する際の重要な情報になります。

境界票がしっかり確認できて、購入対象土地の範囲が明確に判断できるのか。

セットバックする場合の土地中心線はどこになりそうか。

多くの情報が詰まった重要なポイントですので、現地を確認する場合には、小さな境界票を見落とさないようにしましょう。

 

不動産購入で見極めるべきポイントは多岐にわたります。

 

 

売買・賃貸・管理のことなら、福岡市南区の不動産会社センチュリー21タカラホームへお任せください。