センチュリー21タカラホームの不動産売却無料査定・買取

福岡の不動産「売買・賃貸・管理」のご相談、買取、売却・賃貸査定は無料です。秘密厳守します。

福岡の不動産売却査定は無料です。お急ぎの場合は買取致します。

福岡市南区のセンチュリー21タカラホーム|不動産情報サイト

  • 0120-561-835
  • 平日9:00~18:00/日・祝10:00~17:00/定休日年末年始・盆・GW

不動産査定・買取

TOP

自動売却査定

マンション自動査定 自宅に居ながら売却査定 マンションデータベース マンション自動査定

福岡市南区野間のセンチュリー21タカラホームは、昭和57年の創業より現在の場所で営業を続けてきた地域密着の不動産会社です。

 

創業以来30余年にわたって培ってきた経験と全国935店舗のセンチュリー21ノウハウとネットワークで、お客様の売却活動をしっかりサポートいたします。

査定依頼・売却相談(秘密厳守・査定相談無料)

「ご売却に係る経費」や「税金」のご説明、賃貸でお貸しになった場合の賃料査定も行います。賃貸・売買でお迷いの場合は、賃貸募集と売買販売を同時に行うこともご対応致します。

また、 お住み替え等ご事情がある場合は、買取保証サービスやお住まいになったまま売却できる「リースバック」も行なっておりますので、お客様のご希望期日までに不動産のご売却が可能です。

 

その他 不動産活用をご検討のお客様もご希望をお気軽にお申し付けください。

「心から良かった」と言って頂けるよう社員一同全力で、お客様のご期待にお応え致します。

 

売却後も住めるリースバック

売っても住めるだワン(リースバック)

ご自宅をご売却後も住み続けられる「センチュリー21の売っても住めるんだワン(リースバック)」の商品もございます。

ご自宅を現金化してもそのままご自宅にお住まい続けられるシステムです。

詳しくは、スタッフがご説明に参りますので、お気軽にお申し付け下さい。

リースバックとは?

お客様が所有する不動産を売却後の所有主と賃貸契約を結ぶことで引き続きその不動産をご利用いただける仕組みです。現在お住まいの住宅も、リースバックを活用することで住宅売却後もそのままお住みいただくことが出来ます。

不動産買取(Sell・Buy)

お客様の不動産物件をすぐに買取させてください。

不動産をすぐにでも売却したい(又は現金化をご希望)という方は、不動産業者に売却する「不動産買取」をご検討ください。

福岡を中心に不動産売買・不動産賃貸・不動産管理を手がける「タカラホーム」では、不動産買取にも対応しています。

 

お客様のご事情は秘密厳守いたしますので、売却に関するお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

不動産業者による不動産買取とは?

不動産売却の方法には「仲介売却」と「不動産買取」があります。仲介売却は、不動産業者に仲介してもらいながら広く市場から購入希望者を募って売却する方法、それに対し、不動産業者に直接物件を買い取ってもうらうのが不動産買取です。

このとき、広告活動をいっさい行わないので、周囲に知られずスピーディーに不動産売却を進めたい場合に最適です。すぐに売却することができますので、不動産の現金化を急いでいる場合や遠方に転勤・転居などで早く住まいを売却したいという方にもお薦めの方法です。期間に少し余裕があるなら、不動産業者へ仲介を依頼したのち、一定期間内に売却ができなっかた場合に買取してもらう「買取保証」というシステムの利用を検討してみましょう。

徹底比較!仲介売却と不動産買取のメリット・デメリット

仲介(売却)

不動産買取

・短期間で確実に売却できる。

・すぐに現金化できる。

・他人に売却を知られない。

・資金計画が立てやすい。

・仲介手数料が節約できる。

・瑕疵(かし)担保責任がなくなる。

・相手が不動産のプロなので安心。

・不動産買取よりも高い価格で売却できる。

・広く一般から買主を募集できる。

・時間をかけて納得できる購入希望者を探せる。

・住み続けながら売却活動ができる。

メリット

・買主が見つかるまで時間がかかる。

・買主が現れないことがある。

・現金化に時間がかかる。

・瑕疵(かし)担保責任が生じる。

・仲介手数料がかかる。

・売却を周囲に知られやすい。

・買取価格が市場価格より低くなる。

・売却にかかる費用は同様に必要。

デメリット

不動産買取時の価格について

不動産業者はあなたから「不動産買取」を行った後、賃貸物件と運用する場合もあれば、購入者を募って売却することもあります。そのために必要な経費が発生しますので、提示される買取価格は「それを差し引いた分」になります。

一般的に買取では市場価格の70%前後になると言われていますが、エリアや建物の状態によっては交渉次第で価格を相場に近づけることも可能です。市場の動向をできる範囲で調べて交渉してみましょう。

お問合せ お問合せ